スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月4日 光兎山

先日の土曜日に、新潟県岩船郡関川村というところにある「光兎山(こうさぎさん)」という山に登ってきました。関川村の場所ですが、村上市と胎内市の間にあります。(新潟出身の人とかじゃないと分からないだろうな…)
まぁ気になった方はGoogle mapでも使って調べてみてください。
DSC09460.jpg

今回は一番乗りです。
DSC04735.jpg

登山道は分かりやすく、道中石碑や祠がちらほら見られました。
DSC04747.jpg
DSC04749.jpg

上まで登り切ると一気に視界が開けます。向こうに見えるのは飯豊連峰かな?
DSC04773.jpg
DSC04775.jpg

この時期はちょうど我が部と因縁(?)の深いヒメサユリの見頃で、はるばる群馬からこの花を見にいらっしゃってる方もいました。
0607214155.jpg
孤高のヒメサユリ、相方のできたヒメサユリ、三人組になったヒメサユリ。

今回はなんと我が部の主将がLINEのビデオ通話機能を使って山頂に現れました!家にいながらにしてぼくたちと一緒に登った気分を味わえるとはなんと贅沢な…
0607215340.jpg

神社へのお参りも忘れずに…
DSC04788.jpg

無事に下山できました。今回の山は道が分かりやすく、危険個所もなく、暑すぎず、縦走気分も味わえていい登山になりました。
DSC04802.jpg

本日!! 天気晴朗なれども波高し!?

やってきました
待ちに待った新歓登山当日です!!

一昨日も昨日も雨が見られましたが......




「本日は晴天なり!!本日は晴天なり!!」



波が高いか分かりませんが、山の上はいい風が吹くでしょう。

それでは安全を心がけながら楽しい登山にしましょう(^∇^)ノ

大蔵山・菅名岳

 5月14日、五泉市の大蔵山・菅名岳に登山に行きました。天気は晴れとのことだったのですが、移動中に車窓から山の様子を見たところ、山頂付近には雲がかかっていて微妙な天気です。

DSC04524.jpg
 7:30に登山口駐車場に到着。既に多くの車が止まっています。山開き後は登山客で賑わうと言うのは本当のようです。写真を見ての通り、とても広い駐車場です。ちなみに簡易トイレもあります。

 装備を整え、まずは大蔵山へ、いざ出発です!

DSC04530.jpg
 なだらかな道を10分ほど進むと、大蔵山・菅名岳の分岐点が見えてきます。今回は大蔵山から登るので、分岐点を右に曲がり、沢を渡ります。

DSC04535.jpg
 しばらく行くと、木の看板が見えてきます。字が掠れていてよく読めませんが、林道何とかコースと書いてありました。私達は階段ルートを登る予定なのでこの道ではない筈なのですが・・・・・。

DSC04534.jpg
 あっ!少し戻った所に大蔵山頂と書かれた看板が!コース名の所はすっかり字が消えてしまって読めませんが、階段が設置してあるので、きっとここで間違いありません。

DSC04537.jpg
 道は細く、中々の急勾配です。一合目までの距離がとても長く感じました。しかし3,4合目辺りから緩急が出てきて登り易くなり、予定していた時間より30分も早く山頂に到着しました。

DSC04560.jpg
 そしてこの頃から雲が晴れて日が出始めてきました。山頂で日を遮るものがないので暑い!

DSC04569.jpg
 少し山頂で休憩した後、菅名岳に向けて出発です。
 縦走コースはとてもなだらかで歩き易かったですが、ハチとトカゲの遭遇率の高さに驚きです。

DSC04574.jpg
 1時間足らずで菅名岳山頂に到着。雲は大分晴れてきて、大蔵山の時よりも見晴らしはさらに良くなりました。
 ここで昼食をとる予定だったのですが、時計を見ると何とまだ10時半!ちょっと早すぎます^^;しかし折角昼食を買ってきたので、早いですがここで食べることにしました。

DSC04588.jpg
 記念撮影をして帰路につきます。

DSC04591.jpg
 下山ルートはかなり傾斜が急で、木の根もはびこっているのでとても下り辛かったです。しかしそれも梯子を下りてどっぱら清水に差し掛かるまでの話。そこまで来れば後はずっとなだらかな道で、下るのは楽です。ただ、雨が降って沢の水かさが増したら、下るのは少し大変そうだと思いました。

DSC04606.jpg
 幅の狭い橋をいくつも渡ります。右岸に行ったり左岸に行ったり忙しいですね。

DSC04610.jpg
 やはり沢が流れるコースは眺めがいいですね。

DSC04619.jpg
 道中、羽化したばかりのトンボを発見。何トンボでしょうか?

DSC04626.jpg
 無事下山しました。この後さくらんど温泉に行って汗を流しました。

 ちなみに、登山口駐車場の近くには、五泉の名水、吉清水を汲める場所があります。今日も人で賑わっていました。菅名岳の水だそうなので、どっぱら清水の水がそうなのかもしれませんね。生憎今回は容器を持って来ていなかったので汲めませんでした。皆さん、菅名岳登山に来たのなら、ついでにこの五泉市自慢の天然水を汲んで行っては如何でしょうか?

5月3日 焼峰山

ちょっと昔になりますが、去るGWのよく晴れた日に、新発田市の焼峰山に登ってきました。
DSC04463.jpg

登山道はこんな感じで、ところどころ急なところもありました
DSC04470.jpg
DSC04476.jpg
DSC04473.jpg

蛇たそ~
DSC04467.jpg

上の方は多少雪が残っていたうえに、目印が分かりにくく、ルートを見つけるのに苦労しました。
DSC04490.jpg

山頂に着きました!晴れているので周りの山がよく見えます。暑いなぁ~
DSC04507.jpg
DSC04497.jpg

集合写真を撮って下山しました。今回の山はよく晴れていて暑かったので、他のメンバーも水を1Lは消費したそうです。(ちなみにぼくもそれくらい飲みました)
DSC04506.jpg

2016 弥彦山

4月30日、新入生体験登山として弥彦山に行きました。
今年来てくれた新入生は5人!
来てくれてありがとうございます!
弥彦4
今回は電車組と車組に分かれて行きました。
電車組が着くと少し雨。持ちこたえてくれそうなので、中止にはなりませんでした。
弥彦2
これは・・・9合目ですね!
あと少しです!
弥彦3
無事登頂しました!
弥彦
ロープウェイで下山後、みんなで味噌田楽を食べました。いや~おいしいな!

という感じで今回の記事はおわりです。
体験登山に来てくれた人たち!途中いろいろ抜けてるけど、この思い出はしっかりと僕たちの胸に刻まれてるから大丈夫さ!
そして、どこかの部活に入りたい君たち!途中が気になるならワンゲル部に入ればいいのさ!
最後にそれ以外の人たち!途中が抜けてるのは、どういう登山だったか僕があまり覚えてないからです。すみませんでした。去年の体験登山の記事をみていただければ、どういう登山か分かるとおもいます。
プロフィール

niigata.u.med.wv

Author:niigata.u.med.wv
新潟大学医歯学部
ワンダーフォーゲル部

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。