スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金峰山

9月7日・8日に、山梨県の山、金峰山の登山に行きました。
瑞牆山荘に到着した時は小雨が降っていました。
P9070941.jpg

比較的なだらかな傾斜を登っていき、富士見平小屋に到着しました。
有料トイレがありましたが、テントを張ると無料になります。
P9070975.jpg
P9070969.jpg

テント張りました。
P9070973.jpg


予定ではこの日は瑞牆山に登り、次の日に金峰山に登ることになっていたのですが、時間に余裕があったので、登山にかかる時間が長い金峰山の方を先に登ることにしました。


辺りは石が多く、草花は少なめの印象です。
P9070994.jpg
P9070981.jpg

しかしその代わりに、これでもか!というくらいあちこちにキノコが生えていました。キノコシーズンだからでしょうか?
P9070008.jpg

登っていくにつれて、岩のサイズが大きくなっていき、金峰山名物の巨岩や奇岩が現れてきました。
P9071030.jpg
P9071038.jpg
P9071041.jpg

タワーカルストみたいですね。雪舟の水墨画に描かれてそうです。
P9071064.jpg

合計3つの鎖場を乗り越え、無事山頂に到着です。登頂してすぐに雷が鳴り始めたため、登頂の余韻に浸る間もなく下山しました。
P9070049.jpg


普通下りは登りよりも短時間でできるのですが、この日は雨のせいで視界と足場が悪く、登りと同じ位時間がかかり、富士見平小屋に戻るのが遅くなってしまいました。


夕食を作っています。
P9070054.jpg




8日の朝、雨は昨日よりも強くなっていました。天気予報を見たところ、当分止みそうになかったため、残念ながら瑞牆山登山は断念しました。


途中のSAでお昼を食べて帰りました。皆さんお疲れ様でした。
P9081126.jpg

白馬岳


8月18日から1泊2日で長野県の白馬岳に登りました。

朝早くに出発。
P8180646_mini.jpg

到着。
P8180663_mini.jpg

ロープウェイに乗って登山口まで行きます。
そこで荷物の重量制限があったのですが、
ザックを重量計に乗せて、「やばい、オーバーしてる!乗れない!」
とか言ってる人がいたような、いなかったような。
P8180671_mini.jpg

もちろん全員ロープウェイに乗れました。
P8180673_mini.jpg

登山口に到着。ここからが本番です。
DSC_0749_mini_mini.jpg

とても良い天気で、順調に進んでいきます。
P8180691_mini.jpg

笹船が水たまりに浮いていました。
でも写真の容量が大きすぎて載せられません(;;)

もっと登っていくと雪が残っていました。
真夏の雪に少しテンションが上がりました。
P8180716_mini.jpg

少し空が曇ってきましたが、無事に途中の乗鞍岳の頂上に着きました。
集合写真を載せたいところなのですが、これも容量が大きすぎて載せられません(;;)
全員笑顔で写っています。

乗鞍岳を過ぎると白馬大池が見えてきました。
P8180017_mini.jpg

このあたりからアルプス感のある景色が見えてきます。
P8180734_mini.jpg

P8180752_mini.jpg

剣みたいなものがあったこの辺りから天気が悪くなり始めました。
先を急ぎます。
P8180747_mini.jpg

白馬岳山頂到着!
P8180770_mini.jpg

P8180774_mini.jpg

しかし天気が悪すぎてすぐに通り過ぎました。
暖かい山小屋のことだけを考えて下ります。

山小屋到着。
温まります。
P8180791_mini.jpg

きれいな山小屋でテンションも上がります。
P8180796_mini.jpg

お夕飯はレトルトカレーと金のハンバーグでした。
金のハンバーグのおいしさにびっくりです。
DSC_0870_mini_mini.jpg

きれいな山小屋でゆっくり寝て、19日の早朝、再び山頂に向けて出発です。
P8190827_mini.jpg

朝日が見れないのではと心配なくらいに天気が悪かったのですが、、

DSC_0310_mini.jpg
とってもきれいな朝日を見ることができました。
とても幻想的です。

この日は一日中天気がよく帰りはきれいな景色を楽しみながら下ることができました。
P8190897_mini.jpg

お疲れ様でした。
P8190930_mini.jpg

帰りは善光寺に寄って観光もしました。
DSC_0327.jpg

とても良い1泊2日の登山となりました。
おわり。

白山(8/5)

8月5日、石川県の白山に登ってきました。
今からその内容を書くんですが、2か月前のことですし、その後も夏休みでいろいろあって僕にとってはすっかり昔々の思い出となりました。だから、昔話みたいになっているかもしれません。記憶違いが起きているかもしれません。その時はどうかご容赦ください。
では、はじまりはじまり―

昔々(2015年8月5日)一人の詭弁家が、心に平穏をもたらすというリア充(リアルが充実した思い出)なるものを持ち帰るため、西へと旅立ちました。お供を務めますのは、筆者・晴れ男・ダイビング野郎という3人の部員たち。目指しますは、はるか彼方、霊峰白山 大汝神社。
DSC_0059.jpg
黒ぼこ岩までは天気も良く、尾根伝いのため景色を楽しめました。
DSC_0127.jpg

室堂を越えたところです。天気が悪くなってきました。
20150805_005830000_iOS.jpg
御前峰まできました。景色が全然みえなーい。でも大汝峰までもうすぐです。
20150805_022516000_iOS.jpg
ここらへんまで来ると風景が変わります。高山植物もたくさん生えています。池の色もなんか違うような。
DSC_0178.jpg

これが剣ヶ峰、だったような気がしなくもない。ちゃんとした登山道かどうかわからなかったので、登らないことにしました。
20150805_032324000_iOS.jpg
大汝峰を登って到着、大汝神社!しかし、ここまで来られたのは筆者と晴れ男だけでした。大汝峰に登る途中、ダイビング野郎は八海山登山の疲れが残っており力尽きました。詭弁家はふつうに力尽きました。
というか、神社の中の写真を撮ってもよかったのでしょうか。
DSC_0176.jpg
下山の途中。ああ、なんということでしょう。神様の怒りに触れたのでしょうか。突然雨が強くなり、雷の音が響き渡るではありませんか。4人はツェルトに入り、身を低くし、雷雲が通り過ぎるのを待ちます。
しかし、雷鳴はなかなか止みません。その時―
20150805_061228000_iOS.jpg
突然外に飛び出し、人柱となる晴れ男。するとどうでしょう、たちまち雨はやみ、雷はおさまったではありませんか。
20150805_004854000_iOS.jpg
そして4人は無事下山できたとさ。めでたしめでたし。
20150805_082915000_iOS.jpg

表と裏

7月30日 曇り時々晴れ
念願の弥彦裏参道を登ってきました。毎回の表参道には飽きてたのでよい登山になりました。
表参道は9合目から山頂までが長くて嫌いなのですが裏は山頂に直登なので爽快でした。
裏

そしてやっぱラーメンでしょ(。>ω<。)ノ
20150730_030452613_iOS.jpg

計画変更

北岳・間ノ岳が悪天候のため中止になったので9月15日に守門岳、次の日の16日に越後駒ケ岳に登りに行きました。
プロフィール

niigata.u.med.wv

Author:niigata.u.med.wv
新潟大学医歯学部
ワンダーフォーゲル部

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。