スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大蔵山・菅名岳

 5月14日、五泉市の大蔵山・菅名岳に登山に行きました。天気は晴れとのことだったのですが、移動中に車窓から山の様子を見たところ、山頂付近には雲がかかっていて微妙な天気です。

DSC04524.jpg
 7:30に登山口駐車場に到着。既に多くの車が止まっています。山開き後は登山客で賑わうと言うのは本当のようです。写真を見ての通り、とても広い駐車場です。ちなみに簡易トイレもあります。

 装備を整え、まずは大蔵山へ、いざ出発です!

DSC04530.jpg
 なだらかな道を10分ほど進むと、大蔵山・菅名岳の分岐点が見えてきます。今回は大蔵山から登るので、分岐点を右に曲がり、沢を渡ります。

DSC04535.jpg
 しばらく行くと、木の看板が見えてきます。字が掠れていてよく読めませんが、林道何とかコースと書いてありました。私達は階段ルートを登る予定なのでこの道ではない筈なのですが・・・・・。

DSC04534.jpg
 あっ!少し戻った所に大蔵山頂と書かれた看板が!コース名の所はすっかり字が消えてしまって読めませんが、階段が設置してあるので、きっとここで間違いありません。

DSC04537.jpg
 道は細く、中々の急勾配です。一合目までの距離がとても長く感じました。しかし3,4合目辺りから緩急が出てきて登り易くなり、予定していた時間より30分も早く山頂に到着しました。

DSC04560.jpg
 そしてこの頃から雲が晴れて日が出始めてきました。山頂で日を遮るものがないので暑い!

DSC04569.jpg
 少し山頂で休憩した後、菅名岳に向けて出発です。
 縦走コースはとてもなだらかで歩き易かったですが、ハチとトカゲの遭遇率の高さに驚きです。

DSC04574.jpg
 1時間足らずで菅名岳山頂に到着。雲は大分晴れてきて、大蔵山の時よりも見晴らしはさらに良くなりました。
 ここで昼食をとる予定だったのですが、時計を見ると何とまだ10時半!ちょっと早すぎます^^;しかし折角昼食を買ってきたので、早いですがここで食べることにしました。

DSC04588.jpg
 記念撮影をして帰路につきます。

DSC04591.jpg
 下山ルートはかなり傾斜が急で、木の根もはびこっているのでとても下り辛かったです。しかしそれも梯子を下りてどっぱら清水に差し掛かるまでの話。そこまで来れば後はずっとなだらかな道で、下るのは楽です。ただ、雨が降って沢の水かさが増したら、下るのは少し大変そうだと思いました。

DSC04606.jpg
 幅の狭い橋をいくつも渡ります。右岸に行ったり左岸に行ったり忙しいですね。

DSC04610.jpg
 やはり沢が流れるコースは眺めがいいですね。

DSC04619.jpg
 道中、羽化したばかりのトンボを発見。何トンボでしょうか?

DSC04626.jpg
 無事下山しました。この後さくらんど温泉に行って汗を流しました。

 ちなみに、登山口駐車場の近くには、五泉の名水、吉清水を汲める場所があります。今日も人で賑わっていました。菅名岳の水だそうなので、どっぱら清水の水がそうなのかもしれませんね。生憎今回は容器を持って来ていなかったので汲めませんでした。皆さん、菅名岳登山に来たのなら、ついでにこの五泉市自慢の天然水を汲んで行っては如何でしょうか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

niigata.u.med.wv

Author:niigata.u.med.wv
新潟大学医歯学部
ワンダーフォーゲル部

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。